住宅ローンを組むには、まず銀行で審査が必要なの?

住宅ローンを組むには、まず銀行で審査が必要です。
新生銀行や楽天銀行提供しているフラット35は最大で35年、毎月支払いをしていかなくてはいけませんので、審査はとても厳しく行われます。
審査の合否は一週間前後かかり、電話か口頭で伝えられます。
審査結果によっては、残念ながらローンを組む事は出来ません。
見事、審査が通ったら、次はいよいよ契約に移ります。
契約の時は、指定された必要書類をすべて揃える他実印と諸費用も用意しておきます。
諸費用は借入する額によって変わってくるので、事前に銀行側から指示されます。
一般的には、数十万?数百万単位の金額がかかるようです。
住宅ローンを申し込もうと思ったらまず、まずはローンをどこの金融機関にお願いするか決めないといけません。
例えば、銀行・ネットバンク・信用金庫・労金など多くの金融機関で住宅ローンフラット35を組めます。
金融機関ごとの新生銀行やARUHIフラット35が提供しているフラット35審査の違いは特に大きな物はありませんが、店舗が存在しないネットバンクは、取引をすべてネット上で行う事になります。
わざわざ店舗に行かなくて良いのでとても人気があります。
ARUHIフラット35は優良住宅取得支援制度のフラット35S対応ですので金利がすこしオトクになるということもありうるのですね。
店舗がない分、経費がかからないので金利が低いのが特徴です。
ネットバンクは支払いを少なくしたい方や忙しい方に人気の住宅ローンフラット35です。
今後、新生銀行やARUHIフラット35が提供しているフラット35を利用する予定のある方、利用中の方もこの情報を知っているかどうかで10年後に得する試さないと損をする節税の方法をお教えしたいと思います。
1年間で30万円ほどの節約になるかもしれないので、今からでも条件に当てはまるか確認してみて下さい。
申請可能となる方の条件として新築を建てた方、または新築か中古の住宅を購入した方になります。
そして最低でも10年以上のローン期間があることが条件です。
他にも細かい条件があるので、確認しながら月々の負担を少しでも減らせるように今から準備しましょう。

フラット35の種類は?35Sで金利優遇! 【長期優良住宅支援制度】